AhnLab 製品とサービス

AhnLab V3 Mobile

V3 Mobileが
あなたのモバイルライフを守る



      
  • -アンラボは、スマートデバイスに関連して発生しうる脅威はもちろん、ユーザーのニーズやスマートデバイスメーカーのニーズまで多角的に分析し、モバイル端末専用セキュリティソリューションである 「AhnLab V3 Mobile」を提供しています。
  • -AhnLab V3 Mobileは、端末紛失時のリモートコントロール機能およびプライバシー保護機能など、スマートデバイスに最適化された機能を多数搭載しており、安全かつ便利なモバイル環境づくりに貢献します。
  • -アンラボは、2001年よりモバイルセキュリティソリューションを開発/提供しており、その関連サービスも提供しています。

グローバルで検証された No.1 モバイルセキュリティソリューション

  • - モバイルマルウェアの検知率(Protection)100%を記録
  • - 42回連続でAV-TEST 認証を取得(2019年11月基準)
  • - 認証製品:AhnLab V3 Mobile Security
個人情報の取扱い
  • アンチマルウェア

    脆弱性チェック

    • - マルウェアスキャンを実行します。
    • - 端末 Root 化の有無、提供元不明アプリのインストール許可の有無、画面ロック設定の有無などを検知します。
    • - エンジンアップデートを実行します。
    • - インストール済みアプリが持つ権限をチェックします。

    スキャン

    • - リアルタイムスキャン:アプリインストール前後にスキャンを行い、悪性アプリによるマルウェア感染を予防します。
    • - クラウドスキャン:新種・亜種のマルウェアおよびさまざまな脅威をクラウドベースの最新技術により検知します。
    • - スキャン項目:インストール済みアプリ(必須) 、ファイルおよびフォルダー、不要なアプリから対象を指定してスキャンを行うことができます。
  • チャイルドロック

    アプリロック

    • - お子様に使用してほしくないアプリをロックすることができます。
    • - ロックしたアプリは、起動時に My AhnLab (製品連動管理サイト) ログイン情報の入力が必要になるため、お子様がアプリを起動できなくなります。

    Web 遮断管理

    • - 遮断モード:「小学生モード/中学生モード/高校生モード/カテゴリ指定モード」 から選択できます。
    • - 例外/遮断 URL:遮断モードに関わらずアクセスを許可する URL や、常にアクセスを遮断する URL を直接入力して設定します。
    • - 対象アプリ:遮断モードおよび例外/遮断 URL 項目で設定した内容を反映させるアプリを選択します。LINE、Facebook、Instagram、Twitter などの SNS や Chrome なども選べます。(複数選択可能)

    週間レポート

    • - My AhnLab (製品連動管理サイト) で、お子様のアプリ利用状況を確認することができます。
    • - 利用時間が長いアプリ 10件とその合計利用時間、端末にインストールされたアプリ、遮断されたアプリ、検知された有害アプリと脆弱性の項目で構成されます。
    • ※ チャイルドロック機能をオンにすると、アプリロックおよびセキュアブラウザ内の Web 遮断管理はご利用になれません。
    • ※ 週間レポートは最大 3 か月まで照会できます。
  • アプリ権限チェック

    • - インストール済みアプリが持つ権限をチェックして一覧表示します。端末機能や個人情報にアクセスする権限を持つアプリを確認することができます。
    • - 権限は15項目に分けて表示されます。(デバイス管理者、連絡先へのアクセス、位置情報へのアクセスなど)
  • 個人情報クリーナー

    • - 端末に保存されているブラウザのアクセス履歴、キャッシュデータ、クリップボードデータを削除することで、個人情報の流出を予防します。
        • ※ Android 6.0 (Marshmallow) 以上のバージョンでは、ブラウザのアクセス履歴を削除できません。
        • ※アプリのキャッシュデータを削除する際に、一部のデータが初期化される可能性があります。
  • ブースター

    • - 実行中のプロセスを最適化して、端末の処理速度を向上させます。
    • - 除外プロセスリストに追加すると、最適化対象から除外されます。
  • アプリロック

    • - 特定のアプリをパスワードでロックし、他人がアプリを起動できないようにします。
    • - 機能へのアクセス時にパスワードを入力する必要がありますが、5回連続間違ったパスワードが入力された際には不正アクセスとみなし、インカメラでエラー写真を撮影して保存します。
    • ※ Android 5.0 (Lollipop) 以上のバージョンでは、端末環境により動作しない場合があります。
  • ギャラリー管理

    • - 他人に見られたくない写真や動画ファイルを非表示にすることができます。
    • - 非表示にしたファイルは AhnLab V3 Mobile のギャラリー管理機能でのみ確認できます。
    • - 機能へのアクセス時にパスワードを入力する必要がありますが、5回連続間違ったパスワードが入力された際には不正アクセスとみなし、インカメラでエラー写真を撮影して保存します。
  • 電話遮断

    • - 非通知電話、国際電話を着信拒否できます。
    • - 電話番号を指定して着信拒否できます。
    • - 先頭の2桁以上の番号を指定して着信拒否できます。
      (例:[090] を指定した場合、090で始まる電話番号をすべて着信拒否します。)
  • クイック起動バー

    • - 画面上端から下方向にスワイプするとクイック起動バーが表示されます。使用の有無はユーザーが選択できます。
    • - クイック起動バーは、[スキャン]、[クリーナー]、[ブースター]、[ライト]、[ブラインド] で構成されます。
    • ※ スキャン: スキャンを素早く実行します。
      • クリーナー: 個人情報クリーナー機能を素早く起動します。
      • ブースター: ブースター機能を素早く起動します。
      • ライト: 端末のフラッシュライトをオン/オフできます。
      • ブラインド: 覗き見防止のためのブラインドスクリーンを起動します。透明度およびスクリーンの高さはユーザーの任意で調整できます。
  • リモートコントロール

    • - 端末を紛失した際に、以下のようにリモートコントロールできます。
      • * リモートコントロールされる端末が Android の場合
        :「位置情報の追跡」、「アラーム発動」、「メッセージ送信」、「電話発信」、「画面ロック」、「データ削除」、「端末初期化」 をすることができます。
      • * リモートコントロールされる端末が iOS の場合
        :「「位置情報の追跡」、「メッセージ送信」、「電話発信」 をすることができます。
    • - 紛失した端末を制御するためには、同じアクティベーションコードで登録された別の端末または Web ポータルサイト (My AhnLab) を利用する必要があります。
    • - 機能へのアクセス時にパスワードを入力する必要がありますが、5回連続間違ったパスワードが入力された際には不正アクセスとみなし、インカメラでエラー写真を撮影して保存します。
  • セキュアブラウザ

    Web 遮断管理

    • - サイトの安全性を判別し、有害サイトへのアクセスを遮断します。
    • - フィッシングやアダルト、ギャンブルなど、カテゴリ別に遮断設定できます。
    • - 「例外設定」 をすると、設定した URL へのアクセスが常に許可されます。
    • - Web 遮断管理機能で設定した内容を適用して Web サイトを閲覧するためには、セキュアブラウザを利用して Web にアクセスする必要があります。
    • - 全体/カテゴリ別の遮断履歴を確認できます。(直近3か月以内、最大500個)

    URL スキャン

    • - URLを直接入力またはコピーして安全性をチェックすることができます。

    ブックマーク

    • - よく利用するサイトをセキュアブラウザホームに登録して便利にアクセスできます。
  • パスワード管理

    • - セキュアブラウザを利用して Web サービスにアクセスし、アカウント情報を登録すると、暗号化保存され、次回のログイン時から自動ログインされます。
    • - 登録したアカウント情報は、「パスワードリスト」 で変更や削除が可能です。
    • - 「パスワード生成」 で、大文字・数字・記号の使用有無、文字数を指定してパスワードを生成することができます。
    • - 機能へのアクセス時にパスワードを入力する必要がありますが、5回連続間違ったパスワードが入力された際には不正アクセスとみなし、インカメラでエラー写真を撮影して保存します。
  • リモートコントロール

    • - 端末を紛失した際に、以下のようなリモートコントロールが可能です。
      • * リモートコントロールされる端末が Android の場合
        :「位置情報の追跡」、「アラーム発動」、「メッセージ送信」、「電話発信」、「画面ロック」、「データ削除」、「端末初期化」 
      • * リモートコントロールされる端末が iOS の場合
        :「位置情報の追跡」、「メッセージ送信」、「電話発信」 
    • - 紛失した端末を制御するためには、同じアクティベーションコードで登録された別の端末または Web ポータルサイト (My AhnLab) を使用します。
    • - 端末の機能を使用する際に、間違ったパスワードを 5 回連続して入力すると不正アクセスとみなし、インカメラでエラー写真を撮影して保存します。
  • ギャラリー管理

    • - 他人に見られたくない写真や動画ファイルを非表示にすることができます。
    • - 非表示にしたファイルは AhnLab V3 Mobile のギャラリー管理機能でのみ確認できます。
    • - 端末の機能を使用する際に、間違ったパスワードを 5 回連続して入力すると不正アクセスとみなし、インカメラでエラー写真を撮影して保存します。
  • セキュアブラウザ

    Web 遮断管理

    • - サイトの安全性を判別し、有害サイトへのアクセスを遮断します。
    • - フィッシングやアダルト、ギャンブルなど、カテゴリ別の遮断設定が可能です。
    • - 「例外設定」 により、特定の URL へのアクセスを常に許可することができます。
    • - Web 遮断管理機能で設定した内容を適用して Web サイトを閲覧するためには、セキュアブラウザを使用します。
    • - 全体/カテゴリ別の遮断履歴を確認できます。(直近 3 か月以内、最大 500 個)

    URL スキャン

    • - URL を直接入力またはコピーして安全性をチェックすることができます。
    • - Safari で開いたページの安全性をチェックすることができます。

    ブックマーク

    • - よく利用するサイトをセキュアブラウザのホームに登録すると、簡単にアクセスできるようになります。
  • パスワード管理

    • - セキュアブラウザを利用して Web サービスにアクセスし、アカウント情報を登録すると、暗号化保存され、次回のログイン時から自動ログインします。
    • - 登録したアカウント情報は、「パスワードリスト」 で変更や削除が可能です。
    • - 「パスワード生成」 で、文字数および大文字・数字・記号の使用有無を指定してパスワードを生成することができます。
    • - 端末の機能を使用する際に、間違ったパスワードを 5 回連続して入力すると不正アクセスとみなし、インカメラでエラー写真を撮影して保存します。
区分 動作環境
製品UI

OS プラットフォーム Google Android
OS バージョン Android 4.3 以上
アプリ提供方式 アプリストア Google Play
Web サイト APK (別途)
スクリーン 解像度 540 x 960 以上
区分 動作環境
製品UI

OS プラットフォーム Apple iOS
OS バージョン iOS 10.0 / iPadOS 13.1 以降
アプリ提供方式 アプリストア App Store
Web サイト -
スクリーン 4 インチ (iPhone 5) 以上
top