AhnLab 製品とサービス

AhnLab MDS

AhnLab MDS

標的型攻撃を検知して
ネットワークと
エンドポイントで対応

AhnLab Malware Defense System (以下 MDS) は、高度化された持続的標的型攻撃 (Advanced Persistent Threat, APT) 対応ソリューションです。非常に複雑で巧妙な手法により特定のターゲットを攻撃する新種のマルウェアやエクスプロイト (exploit) に対し、検知・分析・モニタリング・対応に至るまで一連のプロセスを提供し、効果的に対応します。



 

 

AhnLab MDS のAPT 対応プロセス

アンラボ独自の高度な脅威分析ノウハウが反映された MDS は、検知から分析・モニタリング、ネットワークとエンドポイントにいたる​ワークフローを構築し、次世代型脅威に実質的な対応を可能にします。これにより未知の脅威やさまざまなルートを介して実行される標的型攻撃に対し、早期に検知・対応できるプロセスをご提供します。

 

検知から対応にいたるまで、標的型攻撃に対する効果的なプロセスを提供

1.検知段階:「実行保留」機能でファイルを収集・分析

MDS は、ネットワークおよびエンドポイントレベルのすべてのパスに対し、積極的に分析対象を検知します。特に様々な暗号化チャネルから流入する疑わしいファイルを、まず実行保留 (Execution Holding) してファイルを収集・分析するため、潜在的な脅威まで検知できます。

2.分析段階:ハイブリッドエンジンによる精度の高い分析力

MDS は静的 (static) および動的 (dynamic) なマルウェア分析ノウハウを反映したハイブリッド型​の脅威分析により、未知の脅威も正確に検知できます。メモリ分析ベースのエクスプロイト (exploit) 検知技術により​、悪意ある行為のタイプや発生の有無に関係なくマルウェアを正確に検知し、ゼロデイ攻撃やサンドボックス分析を回避するマルウェアも検知・分析します。

3.モニタリング段階:ユーザビリティを高めた管理運用性

MDS は分析完了ファイルを critical、high、low、normal の 4 つのカテゴリーに分類し、検知・分析結果に関する​詳細情報を提供します。正常なファイルを含む必要なすべてのファイルに明確な可視性と効率的な運用性を与えることができます

4.対応段階:ネットワークとAgentによるフレキシブルな対応

MDS は Agent に関係なくネットワークベース対応が可能です。もちろん MDS 専用 Agent はインストール済みの AV ソリューションと衝突することなく同時に使用できる上、新種の​マルウェアの駆除や悪性かどうか判断されていない実行型ファイルの実行を保留する 「実行保留」 機能により、不明なファイルを安定的に分析できます。




MDS

区分 AhnLab MDS 1000
性能 Max 200 Mbps
Max 200 hosts
CPU Dual Core 3.3 Ghz
メモリ 8GB
HDD 1 TB
Interface (Basic) 1G Copper * 6 EA 1G Fiber * 4 EA
Interface (Option) -
Power 250 W Single Power
Chassis 1U, 19 inch
構成方法 Mirroring / TAP
Operating Temperature 5~35 ℃
区分 AhnLab MDS 2000
性能 Max 1 Gbps
Max 500 hosts
CPU Quad Core 3.4 Ghz
メモリ 16GB
HDD 1 TB
Interface (Basic) 1G Copper * 5 EA 1G Fiber * 4 EA
Interface (Option) -
Power 300 W Redundant Power
Chassis 2U, 19 inch
構成方法 Mirroring / TAP
Operating Temperature 5~35 ℃
区分 AhnLab MDS 6000
性能 Max 3 Gbps
Max 1,000 hosts
CPU Quad Core 2.53 Ghz * 2ea
メモリ 32GB
HDD 1 TB
Interface (Basic) 1G Copper * 2 EA 1G Fiber * 8 EA
Interface (Option) 1G Copper * 8 EA 10 G Fiber * 2 EA
Power 500 W Redundant Power
Chassis 2U, 19 inch
構成方法 Mirroring / TAP
Operating Temperature 5~35 ℃

MDS

区分 AhnLab MDS Manager 2000
性能 Max 10,000 MPS
Max 2,000 hosts
CPU Dual Core 3.1 GHz
メモリ 4GB
HDD 500 GB
HDD Bay 2
RAID Not supported
Interface 1 G Copper * 2 EA
Power 260 W Single Power
Chassis 1U, 19 inch
Operating Temperature 5~35 ℃
Additional HDD SATA3 500 GB / 7,200 RPM
SATA3 1 TB / 7,200 RPM
SATA3 2 TB / 7,200 RPM
構築可能な組み合わせ - Host Controller + Data Viewer
- Data Viewer
- Host Controller
区分 AhnLab MDS Manager 5000
性能 Max 25,000 MPS
Max 5,000 hosts
CPU Quad Core 3.2 Ghz
メモリ 8GB
HDD 1 TB (500 GB * 2 EA)
HDD Bay 4
RAID Default (RAID 5)
Interface 1 G Copper * 2 EA
Power 600 W Single Power
Chassis 1U, 19 inch
Operating Temperature 5~35 ℃
Additional HDD SATA3 500 GB / 7,200 RPM
SATA3 1 TB / 7,200 RPM
SATA3 2 TB / 7,200 RPM
構築可能な組み合わせ - Host Controller + Data Viewer
- Data Viewer
- Host Controller
区分 AhnLab MDS Manager 10000
性能 Max 50,000 MPS
Max 10,000 hosts
CPU Quad Core 3.4GHz
メモリ 16GB
HDD 4 TB (1 TB * 4 EA)
HDD Bay 12
RAID Default (RAID 5)
Interface 1 G Copper * 2 EA
Power 1200 W Redundant Power
Chassis 2U, 19 inch
Operating Temperature 5~35 ℃
Additional HDD SATA3 500 GB / 7,200 RPM
SATA3 1 TB / 7,200 RPM
SATA3 2 TB / 7,200 RPM
構築可能な組み合わせ - Host Controller + Data Viewer
- Data Viewer
- Host Controller

※ MPS: Message Per Second

MDS Agent

区分 システム要件
OS PC OS : Windows 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 8.1
Server OS : Windows Server 2000 / 2003 / 2008 / 2012
* 32 / 64 bit
top