AhnLab 製品とサービス

AhnLab MDS

AhnLab MDS

サンドボックス (SandBox) ベースの
標的型攻撃対策ソリューション

標的型攻撃対策ソリューションである 「AhnLab MDS」 は、差別化された可視性およびサイバーキルチェーンを基盤に標的型攻撃への効果的な対応を可能にします。

特定の対象を狙った緻密かつ高度化した攻撃 (Advanced Persistent Threat、APT) は、以前より増加の一途をたどっています。

標的型攻撃は、主にメール・Web・エンドポイントを介して企業や機関に流入します。エンドポイントに直接侵入後、不正行為を働くランサムウェアもまた、攻撃経路の面では標的型攻撃の一種と言えます。

従来のセキュリティ脅威とは異なり、単一のセキュリティソフトウェアやセキュリティ装備だけでは、標的型攻撃への対応に限界を迎えています。近年、セキュリティソリューションの検知を迂回するため、巧妙な技術や様々な手法を複合的に用いた攻撃を展開し、莫大な被害をもたらしているのが現状です。

高度化・多角化し続ける標的型攻撃への効果的な対応に向け、最新攻撃に関する特性を多方面から考慮するとともに、従来のセキュリティソリューションと有機的に連携した、「サイバーキルチェーン (Cyber Kill-Chain)」 の確立が必要とされています。

また、どのような攻撃が、いつ、どこで、どんな目的を持ち、どの経路から侵入してきたのかを確認・対応するため、「脅威の可視化 (Threat visibility)」 の確保がまず求められています。

AhnLab MDS は、差別化された可視性およびサイバーキルチェーン (Cyber Kill-Chain) を基盤に、様々な攻撃侵入経路に応じ、最適化した対応策を提供する標的型攻撃対策ソリューションです。

ネットワークサンドボックスや専用エージェントを介し、様々な経路から流入する脅威に対し迅速な収集を行い、シグネチャベース・レピュテーションベース・非シグネチャ (signature-less) ベースなどのマルチエンジンを基盤に、従来の手法を用いる既知の脅威から未知の脅威、さらには新・亜種脅威にいたるまで、正確かつ効率的に検知・分析を行います。

マルチエンジンベースにより、既知の脅威から未知の新・亜種脅威まで、様々な経路から流入してくる脅威の可視化、および正確かつ効率的な対応策を提供します。

1. 脅威および異常トラフィックの検知&分析

- 主要インターネットサービスにおけるプロトコルの収集・分析 – HTTP、SMTP、SMB / CIFS、FTP など

- 流入・流出ファイルに関する双方向トラフィックのモニタリング

- 仮想マシン (VM) ベース分析による新種マルウェアの診断

- 非実行型 (non-PE) マルウェア専用エンジンの搭載 - MS オフィス / HWP プログラムなど

- VM 分析過程、C&C 検知内容に対する PCAP ベースのパケットキャプチャおよび PCAP ファイルのダウンロード

- マルウェア感染 PC による有害サイトアクセスおよび C&C 通信の検知・遮断

2. メール基盤の脅威検知&隔離 (MTA)

- 不正または疑わしい添付ファイルおよび URL を含むメールの検知・自動隔離

- メールの添付ファイルに対する動的分析

- メール本文内の URL およびスクリプトに対する多次元分析

- 管理者コマンドによる隔離解除が可能

- ライセンス適用方式

3. 脅威への対応&駆除

- マルウェア感染が懸念されるホストに対し、マルウェアの駆除 (自動・手動) およびネットワーク隔離

- マルウェア分析中の実行型 (PE) ファイルに対する 「実行保留 (Execution Holding)」 機能

- マルウェア感染が懸念されるホストに対し、「疑わしいファイル抽出」 機能

- 必要時、削除されたファイルに対する復元が可能

4. 統合モニタリング&ログ管理

- ダッシュボードを介してセキュリティ状況および主要イベント情報の提供

- マルウェア流入状況および異常トラフィックの発生有無をリアルタイムで確認

- イベントの種類、IP アドレス、行為内容 (ファイル / プロセス / レジストリ / ネットワーク) などに対する詳細なログ提供

- 様々な分析レポートに関するテンプレートの提供

- コントローラーを介して提供されるエージェント機能・パッチアップデート機能

- 個別・全体ホストに対する告知事項の配信機能

- エージェント数の増減に対し、サーバーファーム式の拡張で柔軟に対応可能

- MDS エージェントの未設置ホストに自動配布

- 自動・手動 DB バックアップ

- 3rd party セキュリティ管理システム (SIEM、ESM) 連動のための syslog 転送

- AD (Active Directory) 連動による内部ユーザー情報の提供

AhnLab MDS は、差別化された脅威の可視化 (Visibility) およびマルチエンジンベースの分析により、高度化した最新攻撃にも効果的に対応します。

1. 脅威の可視化 (Threat Visibility)

• ダッシュボードによる直観的な脅威推移および攻撃フローチャートの提供

- 脅威推移:脅威の種類 / 流入経路 / 拡散規模 / 検知および分析状況などの情報提供

- 攻撃フローチャート:脅威の種類 / 行為 / 攻撃段階応じた詳細情報および対応案の提示

• 動的コンテンツ分析 (DICA) をベースとしたアセンブリコードおよびメモリに関する詳細な分析レポートの提供

2. マルチエンジン分析 (Multi Engine-based Analysis)

• シグネチャベース・レピュテーションベース・非シグネチャ (signature-less) ベースなど、マルチエンジンによる脅威分析

- ランサムウェアおよび新・亜種脅威にいたるまで、正確かつ効率的に検知・分析

• 業界随一を誇る 「メモリ分析ベースのエクスプロイト (exploit) 検知技術」 適用

- 不正行為の種類および行為発生の有無に関わらず、マルウェア検知が可能

3. ネットワークおよびエンドポイントとの連携による脅威対応

• ネットワークサンドボックス分析、専用エージェントベースによるエンドポイント対応連携

• 専用エージェントを介して感染ホストをネットワークから隔離

- 脅威の内部拡散を遮断

• 実行保留 (Execution Holding、EH) 機能による疑わしいファイルの実行防止

- ランサムウェアの実行遮断

• マシンラーニングベースの 「疑わしいファイル抽出」 機能により、潜在型脅威にも対応

- エンドポイント内の疑わしいファイル収集および自動分析・対応

製品仕様

AhnLab MDS

区分

MDS 4000A​

 

管理エージェント
(推奨)

 

700個

トラフィック処理

1Gbps

HDD

1.2TB x 2ea.

RAID

RAID 1

ネットワークインターフェース

1GbE 4 Ports (Copper)
1/10G SFP+ 4 Ports
(Optical)​

電源

750W Redundant

ラックマウント

1U (19”)

サイズ (W x D x H)

482 x 721.91 x 42.8 mm​

区分

MDS 8000A

 

管理エージェント
(推奨)

 

2,000個

トラフィック処理

2Gbps

HDD

1.2TB x 4ea.

RAID

RAID 10

ネットワークインターフェース

1GbE 4 Ports (Copper)
1/10G SFP+ 4 Ports (Optical)​​

電源

750W Redundant

ラックマウント

1U (19”)

サイズ (W x D x H)

482 x 721.91 x 42.8 mm​

区分

MDS 10000A

 

管理エージェント
(推奨)

 

5,000個

トラフィック処理

5Gbps

HDD

1.2TB x 8ea.

RAID

RAID 10

ネットワークインターフェース

[デフォルト(default)]
1GbE 2 Ports (Copper)
1/10G Base-T 2 Ports (Copper)
1/10G SFP+ 4 Ports (Optical)

[オプション(optional)]
1GbE 2 Ports (Copper)
1/10G Base-T 4 Ports (Copper)
1/10G SFP+ 6 Ports (Optical)​

電源

750W Redundant

ラックマウント

2U (19”)

サイズ (W x D x H)

482.4 x 715.5 x 86.8 mm

AhnLab MDS Manager

区分

MDS Manager 5000BR​

管理
エージェント

 

総合型
(DV + HC)

 

2,000個

 

単位型
(HC 専用)​

 

5,000個

​CPU​

1 * 3.30GHZ、6Core​

RAM

32GB​

HDD

2 x 1TB、2 x 2TB​​

RAID

​RAID 1

ネットワークインターフェース

​1GbE 2 Ports (Copper)​

電源

400W Redundant​​

ラックマウント

​1U、19 inch

サイズ(WxDxH)

437 x 503 x 43 mm​​

区分

MDS Manager 10000BR​

管理
エージェント

 

総合型
(DV + HC)

 

5,000個

 

単位型
(HC 専用)​

 

10,000個

​CPU​

1 * 3.40GHz、8Core​

RAM

64GB​

HDD

2 x 2TB、2 x 4TB​

RAID

RAID 1​

ネットワークインターフェース

1GbE 2 Ports (Copper)​​

電源

800W Redundant​​

ラックマウント

​2U、19 inch​

サイズ(WxDxH)

​437 x 647 x 43 mm

※ DV (Data Viewer) : 総合モニタリングおよびログ管理

※ HC (Host Controller) : MDS Agent 総合管理 / エージェント追加時、MDS Manager 追加必要

AhnLab MDS Analysis Manager

区分

MDS Analysis Manager

タイプ

ソフトウェア

OS

CentOS 7.9

最小仕様

CPU: 8Core、3.0GHz、MEM: 24GB、HDD: 2TB、SSD: 1TB

推奨仕様

CPU: 16Core、2.4GHz、MEM: 64GB、HDD: 4TB、SSD: 2TB

特徴

マルチテナント機能対応、Agent & MTA 管理未対応(アップデート予定)

マルチテナント

管理サイト最大 100個対応

AhnLab MDS Agent

区分

OS

Client PC

Windows 7 SP1 (KB4490628、KB4474419 パッチ環境) Windows 8(8.1) / 10​ / 11

Server

Windows Server 2008 SP2 (KB4493730、KB4474419 パッチ環境)、
Windows Server 2008 R2 SP1 (KB4490628、KB4474419 パッチ環境)、
Windows Server 2012 / 2016​ / 2022

※ 上記の OS 32/64 bit をサポートします。

top